「オーソスシリーズ」

高度なセキュリティと厳重な共連れ防止を必要とするエリアでの入退室管理に最適。

概要

データセンター、銀行、電子力発電所、軍事施設など機密情報や危険物を取り扱い、高度なセキュリティと厳重な共連れ防止を必要とするエリアでの入退室管理に最適。

PIL Overview 2 PIL Overview 1 
PIL Airport Overview 3 PIL Airport Overview 4 

特徴

2ゾーンコンタクトマット(共連れ防止機能)
床面のコンタクトマットは、中心部の規制ゾーン以外に体重がかかると2人以上として検知し、室内外のドアは開かれません。

体重センサー機能(オプション)
予め設定された体重を超えると入室させない体重センサー機能により、共連れや資料の持ち出しを厳重に防止することができます。

さまざまなリスクに対応するボディ
環境や必要とされるセキュリティに合わせた材質を選ぶことができます。全面ガラスタイプは360度の監視も可能とします。

  • 本体材質: アルミニウム合金(PIL-C01)、全面ガラス(PIL-S01)、ステンレス仕上げ(オプション)
  • ドアガラス面: ラミネートガラス(スタンダード)、防弾・防犯ガラス、強攻侵入対策ガラス(オプション)など

空港でのワンウェイシステム
通路型の一方通行タイプは、侵入者や手荷物受取所への逆流などを防ぐため、ヨーロッパ、アメリカを中心に、海外の空港で自動監視機能付逆流防止システムとして利用されています。

仕様

設置場所屋内
重量PIL-C01:約400kg
PIL-S01:約400kg
PIL-M02:約300kg以上(通路長さにより異なる。)
電源AC100V±10%
50/60Hz 600VA
環境条件温度:‐5~45℃
通行対象物人のみ
処理能力約3~5人/分(PIL-M02:約40~60人分)
信頼性(MCBF)100万回
安全機能EN12650(ヨーロッパ安全企画)に準ずる
運動方法各メーカー認証危機に対応
オプション通行方向表示器/遠隔操作パネル/パニックスイッチ/カードリーダーボックス

カタログ