厳戒態勢のソチ冬季五輪を守る Kabaセキュリティゲート

Arena Skating Center
Arena Skating Center

厳戒態勢のソチ冬季五輪を守る
Kabaのセキュリティゲート

厳戒態勢での開催が予定されているソチ冬季五輪。Kabaはその多くの重要施設のためのアクセスコントロールシステムの設計を行い、セキュリティゲートを導入しました。

黒海沿岸に位置し、リゾート地として知られるロシアの都市ソチ。冬季五輪開催地として発表された2007年には設備はまだ1つも存在しておらず、国際オリンピック委員会に向けて行われたプレゼンテーションコンピュータのシミュレーションに頼るものでした。すべての設備を一から構築するというこの大規模プロジェクトへの参加要請を受けたKabaは、ロシアのビジネスパートナーであるRTB KGと協力し、新たにショールームを建て、幅広いラインナップを誇るKabaのセキュリティゲートを提案しました。その結果、現地のシステムインテグレーターであるSOGO Nikiret、オリンピック公園、ホッケーリンクのシャイバ・アリーナ、スキーなどが行われるクラスナヤポリャナとソチを結ぶ鉄道の駅にKabaのセキュリティゲートを採用しました。

ソチ五輪の会場で採用されたKabaのセキュリティゲートはおよそ900基を超え、オリンピック公園では、一人ひとりの通行を3本の回転バーで管理するトライポッドバリア TPB-E01と車椅子や台車を通すスイングドアHSD-E01が採用され、終了後の移設が予定されているシャイバ・アリーナには、省スペースで堅牢性く、多くのスタジアムやスポーツ施設での導入実績を持つフルハイト・ターンスタイルFTS-L01移動可能なパレットと共に導入されています。また、ソチ駅とクラスナヤポリャナ駅の改札にはフラップ式センサーバリアHSB-M04が設置され、車椅子などに配慮した通路幅900mmモデル使用されています。

テロなどに脅かされ厳戒態勢での開催となるソチ冬季五輪の安全を守るKabaのセキュリティゲートは日本でも販売され、東京赤坂のショールームにて実機を体験することができます。

Kaba東京ショールーム(予約制)
107-0052 東京都港区赤坂2-21-8 TEL: 03-6909-2930 FAX: 03-6909-2931
日本カバ株式会社(http://www.kaba.co.jp

マーケティングコミュニケーションズ/担当:益田
Phone: 045-532-4503    FAX: 045-938-4588
Emailyasuko.masuda@kaba.com