シャルケ スタジアム
シャルケ スタジアム

ベルリンオリンピックスタジアム
セキュリティゲート導入事例

2006年7月9日、74,220人ものサポーターが、2006年サッカーW杯の決勝を観戦に、ドイツで最大のサッカー競技場に訪れました。そこでは、112機のKaba製のトライポッドゲートが導入されています。決勝トーナメントで使用されるベルリンオリンピックスタジアムのような競技場は、安全な入場規制システムによって支えられているのです。

グリューネバルト郊外の中心部には、オリンピックスタジアムの巨大な楕円形がそびえ立っています。 10万人を収容できるその施設は、もともと建築家のワーナー・マーチ氏によって、1936年の夏季オリンピックの際に造られたものです。スタジアムは古代の古典的な競技場に見られるような幾何学的なフォルムにもとづいて造られていました。

2000年~2004年にかけて、ランドマークとしてのオリンピックスタジアムは根本的に改修され、建築家のジャーカン氏、マーグ氏、パートナー氏らの設計にもとづき、2006年W杯のために近代化を行いました。
一目では違いはわかりませんが、実際は、ヨーロッパでも有数の多機能なアリーナが、胴体・列柱とアーチとで囲われています。顕著な目新しさは、スタジアムの天井にあります。新しく完成した半透明の外板で、一見浮いているように見える天井構造は、なめらかでつやのある鉄の上に横たわっていて、74,220席の観客席を日差しや雨から守ります。

しかし歴史的建造物の保護法により、改修工事は大きな挑戦でした。例えば、トライポッドゲートの配置が検討されていた細い入場道路は改修が許可されていませんでした。そこでオリンピックスタジアムの寸法に合わせるために、1つのフロアスタンドに2つのトライポッドゲートを実装したものが、今回のプロジェクトのために特別に開発されました。

32機の標準的なトライポッドゲートに加え、両脇にトライポッドゲートを装備した40機のカバのカスタマイズソリューションが、ベルリンオリンピックスタジアムに導入されています。

スタジアムへの膨大な観客流入を適切に管理することは、技術的にも理論的にも非常に困難な挑戦でした。ベルリン以外のW杯の試合会場でも、カバの安全なアクセスシステムが導入されています。例えば、ゲンゼンキルヒェンにあるフェルティンス・アリーナやコメルツバンク・アリーナ、ハノーバーのAWDアリーナなどでも導入されているのです。

W杯決勝の開催場所として、ベルリンオリンピックスタジアムは、スポーツ界で最高の栄誉を受けました。カバはその興奮の渦の中で重要なセキュリティを提供しています。