TISデータセンター様 gDC心斎橋
TISデータセンター様 gDC心斎橋

パーソナルインターロックシステム導入事例:TIS株式会社 様
導入先: TISデータセンター『心斎橋gDC』

TIS株式会社様は、ITホールディングスグループの主要事業会社として東京、名古屋、大阪を中心とした国内と海外20ヵ所、合計約120,000㎡を超える国内最大規模を誇るグループのデータセンター網(※1)を活用し、35年以上にわたる実績により高品質でセキュリティの高い情報システムの構築と運用サービスを提供しています。
※ 2009年10月時点・構築中のデータセンター含む

『心斎橋gDC』は、高いレベルの安全性、機能性、セキュリティ性だけではなく、省電力化するなど環境にも配慮しており、ソーラーパネル、LED照明、人感センサー照明など最新技術を駆使した次世代型データセンターです。

導入の目的

不正通行や共連れを防止するセキュリティゲートやICカードと連動した生体認証による入退室管理の徹底を行い、データセンターのセキュリティレベルを強化するため。

導入までの経緯

TISは、データセンターとしての高度なセキュリティ仕様に加え、ワークスペースとしてより洗練された意匠を求めて製品選定を行っていました。担当設計会社が、Kabaセキュリティゲートを導入している大手企業を訪問した際、Kabaのパーソナルインターロックシステムのデザインが目に留まり、デザインとセキュリティレベル共にTISの要件にマッチしているKaba製品が導入されました。