SECURITY SHOW 2015 共連れ、なりすまし、持ち出しを厳重に防止

P1020678
P1020678

日本カバ株式会社(本社:横浜市緑区)は、33日より東京ビッグサイトで開催されるSECURITY SHOW 2015にて画期的なハイセキュリティ・ソリューションを展示します。厳重なセキュリティを必要とするエリアで、共連れ、なりすまし、持ち出しを防止するソリューションや、ディンプルキーシリンダーをはじめ、自己発電型プッシュボタン錠、アクセスコントロールシステムなど幅広いセキュリティ製品とシステムを紹介します。

物理的に通行を抑止するセキュリティゲートは、カメラや認証機器などを設置することで必要に応じた様々な形のアクセスコントロールを構築することができます。SECURITY SHOW 2015では、二重のスライド・ドアとコンタクトマットで一人通行を徹底するセキュリティゲート「パーソナル・インターロック(オーソスシリーズ)」と日本カバがNECプラットフォームズ株式会社と共同開発した認証と同時に体重を登録するリーダーによる「スタンドアロン型個別体重認証システム」を紹介します。また、フェンス型の「フルハイト・ターンスタイル(ケンタワーシリーズ)」は、共連れ検知センサーと2回認証システムを搭載。共連れ検知センサーは、前の人物に連れだって通過、あるいは出て行く人物とすれ違いで通過する不正侵入を検知しゲートの回転を停止します。2回認証システムは、最初の認証後1/2回転したところで停止し、生体認証などを再度要求した方法でなりすましを防止します。

複雑な配線工事は一切不要のスタンドアロン・アクセスコントロールシステム「Kaba evol」は、既存のキーシリンダーを非接触リーダーが内蔵されたレバーハンドル電池錠「Kaba c-lever compact」に交換し、専用ソフトを既存のパソコンにインストールするだけでシステムを構築します。その他、災害などによる停電時でもレバーを動かすだけで蓄電し動作する自己発電型プッシュボタン錠「Kaba PowerPlex」や、1934年に史上初のリバーシブルディンプルキーシリダーをスイスで開発したKabaのディンプルキーシリンダー製品は、国内主要メーカーに適合する交換用シリンダー、補助錠、引戸錠、玉座などのラインナップを展示します。


SECURITY SHOW 2015
開催日時:             201533日(火)~36日(金) 10001700(最終日は1630まで)
場所:                    東京ビッグサイト 東3ホール
小間番号:             SS3333 (特設ハイセキュリティゾーン内)
事前登録:             http://www.securityshow.jp/


マーケティングコミュニケーションズ/担当:益田
Phone: 045-532-4503    FAX: 045-938-4588
Emailyasuko.masuda@kaba.com